レーシックとPRK

レーシックとPRK

現在のレーシックより以前に主流だった視力回復方法が
「PRK=ピーアールケー」です。
手術の方法はレーシックのようなフラップは作らずに、
眼球の表面にレーザーを照射し視力を回復します。

フラップを作成しない分レーシックに比べてリスクは少ないのですが、
角膜の表面の再生に時間を要すだけでなく、かなりの痛みを伴うのが難点です。

近視・遠視・乱視の状況に合わせて、
角膜の表面から直接エキシマレーザーを照射して、
光の屈折力を変化させることで視力を矯正するのです。
角膜上皮が再生するまで1週間程度の時間が必要です。
そのため、通常は片目ずつ、日をあけて施術するしかないのです。
さらに術後三日間は角膜の表面を保護するコンタクトを装用しなければなりません。

現在のレーシックでは難しいとされる角膜が薄い人、
格闘技などの激しい運動をする人でも治療が可能ではありますが、
角膜上皮が厚くなるという事で、矯正が思ったような結果を得られない場合も出てきます。
術後にも痛みが残る場合があるようです。

残念ながら、矯正精度も便利さもレーシックには叶わないようですよ。

【レーシック】
レーシック 名古屋 レーシックを名古屋でやる場合にとっても便利!このサイトでレーシックを勉強しよう!